JRP札幌支部

「写真」への誘い

a0293657_1273555.jpg


自分の写真の個展を開くことは夢ではありません。
北海道に限らず、たくさんの写真ギャラリーがある銀座や新宿でも発表できるのです。

平成23年版の高齢社会白書には「高齢者人口は今後、(省略)『団塊の世代』(省略)が65歳以上となる平成27(2015)年には3,000万人を超え~」と書かれています。
定年後の時間は長くなる一方です。
若いころに取り組んでいた趣味を思い出し、再挑戦に使おうと考える向きも多いのではと思います。

今、趣味としての写真は明らかに時代の追い風を受けています。
デジタルカメラの普及により容易に自前でプリントができ、インターネットは作品発表の場を提供し、個展のための公募情報も満載です。
フィルム時代には高価であった大版のプリントも当時に比べたらはるかに安価です。
自分の作品を額装し、自宅の壁に飾り、腕組みをしながら笑みを浮かべるのも悪くありません。
無論、支部主催の合同展に出品をすることもできます。

1960年代の香りがする名を冠する『日本リアリズム写真集団(JRP)』へ是非ご参加下さい。
仲間がいると写真は2倍にも3倍にも楽しくなります。(大坂忠)
[PR]
by jrps | 2013-07-06 12:03