JRP札幌支部

写真をもう一度 6

a0293657_1233271.jpg


 当時の池田首相は「所得倍増計画」を発表し、マツダ自動車のR360クーペという軽自動車を30万円で発売するという広告が新聞に出ていた頃です。
同時に写真部にはアサヒペンタックスやニコンFという最新の一眼レフカメラを持っている部員が数人いました。
僕は中2の時に父に買ってもらったおもちゃのようなカメラしかありませんでした。

 写真部にはいかにもお坊ちゃんという感じがする、ぽってりとしたY君がいました。
彼はミノルタの一眼レフカメラを肩に下げて校内を誇らしげに持ち歩いていました。
僕は時々借りてファインダーを覗いていました。
その映像はそれまでのレンジファインダーとは別世界で、そのリアル感に感動しました。

 それ以来、僕は毎月の小遣いを一所懸命に貯金をしました。
学校の帰りには新宿東口にあった「新宿カメラ」に立ち寄りウインドウの中に鎮座している中古のアサヒペンタックスS2が売れないように切に願っていました。

 石原裕次郎の「銀座の恋の物語」が流行り、新宿西口のしょんべん横丁でラーメンが40円という時代でした。
[PR]
by jrps | 2012-11-12 09:59