JRP札幌支部

写真をもう一度 8

a0293657_9565970.jpg



 もうすぐ63歳になるという4月、僕は「今回はひとりで上京したい」と妻に話しました。
妻も繁華で雑多な街が大好きなので東京へ行くときはいつも一緒でした。
しかし、その時ばかりは、講評会でコテンパに批評をされて落ち込んで帰ってくるのだろうと想像をしていたらしく、妻の返事は「はい。私は家にいます」と。

 池袋のビジネスホテルにチェックインをしました。
シングルの部屋はこんなに狭いのかと思いながら荷物からプリントを取出し、ベッドの上に並べてみました。
「こりゃ、だめだ。参加するのは間違いだ」と改めて思いました。
しかし、せっかく飛行機代を払ってきたのだからと思い直し、覚悟を決めました。

 講評会の会場は渋谷駅の近くの喫茶店の貸会議室でした。
8人ほどの参加者がいたと思います。
安友さんが「今日はわざわざ札幌から参加してくれた人がいます。まず、その大坂さんから」と言われました。
僕はドキッとしました。
まさか一番目とは。
まったくの想定外のことでした。

 大きなテーブルにA5サイズのプリントを30枚ほど並べました。
手がぶるぶると震えていました。
[PR]
by jrps | 2012-11-24 17:58