JRP札幌支部

写真展への道程・・・viii

a0293657_974795.jpg


なんだかゴチャゴチャ書いていて、ほんと焦点がボケた話になってしまいました。

要するに、今まではブログで垂れ流しで満足して「写真展に出す」なんてことは
考えないわけじゃないけど、いろいろな準備とか手続きとか考えると
非常に億劫になっていた・・・要約すると、そういうことです(笑)


昨年秋、それまで写真を通して少々お付き合いのありました大坂忠さんから「JRP日本リアリズム写真集団という団体があるんだけど、もうちょっとで札幌支部が
結成できる人数に達するんだけど、nakkyさんも加盟しませんか?」というお誘いがあり、
ワタクシは二つ返事で快諾しました。

そもそもJRPという団体は、一見したところやや硬派で「社会派」的なイメージで
ワタクシみたいな「チャラチャラとそこら辺のスナップを撮り流しているヤワな奴」が
加わっても大丈夫なんだろうか?っていう想いはアタマの片隅をよぎらないでもなかったのですが・・・

かねてより「何かのアマチュア写真家グループには所属してみたいな~」とは思っていたんですよね。
で、いろ~んなグループの「写真展」を年がら年中見て歩いて、
「どこかワタクシが混ざっても楽しくやっていけそうな写真クラブはないかな~?」と
物色しておりました。





今日の一枚

CONTAX 137MA 50mm

面白いカメラでした。けっこう昔のフィルム一眼レフだけど、かなり早期に
ワインダーを内蔵した一眼レフでした。
意外とシャッター音が抑制されていたのが印象的でした。
[PR]
by jrps | 2013-01-28 10:09