JRP札幌支部

写真展への道程・・・xi

a0293657_1161238.jpg


さて・・・

写真展を開くに当たって、まずは「グループ展」にこぎつけるのに
いくつか「写真を楽しむリアルな団体」に所属して・・・っていうのを書いてみたのですが、
ヒトによっては「いきなり個展」というのも、もちろんアリです。

いろいろ見てて、「個展」を開く道筋でいくつかまたカテゴリーに分けることができるのですが
1)キゴコロ知れた、あるいは行きつけの喫茶店や飲食店、他ひと目につきやすいお店等で飾ってもらう。
2)芸術的ないろいろな展覧会をやってくれる喫茶店等でやる。(意外と多いパターンです)
3)いろいろなギャラリーの一角を借り切ってやる。
4)カメラメーカーや、他いろいろなメーカーの「個展公募」に応募する。

数字が大きくなるほど「敷居」が高いですね。
たぶん1、2は比較的容易でしょう。ベラボウな予算もかからないと思われます。

3もピンキリですが、ちょっと高いギャラリーを借りるにはン十万かかることもあります。
そしてギャラリーによっては、若干「事前審査」みたいなことをするようです。
格調高いギャラリーで、あまり高尚じゃない展をいきなりされたら不都合ということもありえるのでしょう・・・
公設のギャラリーでは、営利目的じゃなければ比較的リーズナブルに会場を借りられます。

4は・・・かなりハイレベルなアマチュアやプロを自認するフォトグラファーが
メーカーの公募に応募して、「選ばれたヒト」のみ開催できる展です。
たぶん、腕自慢の写真家が多数応募するでしょうから倍率は高いハズです。
しかし、ここで選ばれるということは、かなり「腕がある」ということを認められるということでもあります。

4は展をする会場をメーカーが用意してくれます。
っていうかキヤノンギャラリーとかペンタックスギャラリーとか、そういうところです。
だいたいのカメラメーカーは、そういう公募展をやっているのではないか?と思われます。

残念なのは、主に東京とか大阪とか、相当人口密集地じゃないとギャラリーがない
ということもあります。

今日の話題の後半は、数々のメーカー公募展に「合格」して展を開いてきた
大坂忠さんの体験談の受け売りです。





本日の一枚

CONTAX N1  24-85mm

たまたまなんですが、この雨の日に撮られたカットが
某有名な写真家の某有名な「サン=ラザール駅裏」で撮られたカットの人物と
格好が似ている、と言われました(笑)

確かに、似たシルエットなんですよね・・・
[PR]
by jrps | 2013-02-14 09:21