JRP札幌支部

写真展への道程・・・xii

a0293657_9203949.jpg


前回は、「いきなり個展」もありえるという主旨で書きましたが、まぁやはりそれはリスキーでしょう。
ただ、物凄い実力がある方とか、ちょっとの実力と金(と時間)があるヒトは可能です。

なんだかダラダラ書いてきて「要点」がハッキリしない文章になってしまって申し訳ございません。
いつものことなんですが(´Д`。)

ここまでで言いたかったことをまとめると・・・
「一般の写真愛好家が自作を発表するのは、ブログ等の仮想空間も多いに結構だけど
展を開くのも、そう難しいことではない。ことにグループ展は」ということ。

ただし「グループ展の場合は、まず何らかのグループに属さなければならない」という
ハードルはあります。

が・・・大きなメリットもあります。
それは「先達の様々なノウハウを伝授してもらえる」ということです。
自分一人では気づかないことが多々あるんですよね。
まぁそれでも「気づかなかったことにすら気づいていない」ってこともあります。
やってみなけりゃわからないことも多々あります。

というワケで・・・このたびのグループ展に至ったわけではあります。





本日の一枚

クレーンと、テレビ塔と、そして地上で作業するヒト・・・
この無秩序な三者を一枚にまとめるのに苦心しました(笑)

ちょっと「アーウィット的」を目指したつもりですが・・・まぁ難しいですねぇorz
[PR]
by jrps | 2013-02-18 09:02