JRP札幌支部

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

写真をもう一度 2

a0293657_1824099.jpg


 僕は写真を撮るにしても、用事があっての場合でもひとりで旅行をすることはめったにありません。
多くは妻と一緒です。
しかし、その日は違っていました。
札幌は少しづつ暖かくなり、気持ちが前向きになるような2008年4月のある日に僕はひとりで東京へ向かいました。
 
 僕が二十歳までの学生時代に写真を撮っていたことを妻に話したことはありませんでした。
僕の気持ちの中ではまた写真をはじめる機会があるとは考えてもいませんでした。
写真は、少なくても学生時代に考えていたのは「発表できる写真」を撮るということでした。そ
れには自分なりの課題があり時間と労力と費用がかかることを意味していました。

 そんな中、また写真を撮りたいと思った理由は片方の腎臓を全摘するという大病をし、医師から10年後の生存率を告げられたことが大きかったと思います。
医師は淡々といくつもの数字を並べて十分な説明をしてくれました。
僕には全く予想がつかなかった話題でしたが、僕なりに質問をし、理解をしたつもりでその日は終わりました。
 
(大坂 忠)
[PR]
by jrps | 2012-10-29 18:23

写真をもう一度 1


a0293657_9164239.jpg


 妻に、もう一度写真をやってみたいと思う、と話しました。
妻はきょとんとして「もう一度?」「写真学校へ行くの?」と。
僕は「いや、その必要はないでしょう」といかにも自信ありげに答えました。
僕は学生時代と同じように写真の勉強は独学と決めていました。

 時代はデジタルカメラへ大きな変革を遂げている最中です。
そんな中、キヤノン10Dというカメラのことを知りました。
値段は僕が知っている40年以上も前のフィルムカメラとは雲泥の差でした。
そこで学生時代と同じに少しでも安価のを買いたいと思い、中古カメラを探し標準レンズとともに手に入れました。

 「まず、たくさん撮る。その中から自分なりの方向性を探り出す」という昔学んだことを思い出しながら、シャッターボタンを押していました。
幸いなことにデジタルカメラではフィルム枚数を気にすることなく、バシャ、バシャというシャッターの感触をほぼ無限に楽しむことができます。
 
(大坂 忠)
[PR]
by jrps | 2012-10-22 09:18

札幌支部再結成発足式&第一回例会

a0293657_2063592.jpg


2012年10月13日(土)、大安・・・札幌支部再結成発足式&例会が開催されました。

先月も集まりましたので、「第何回の例会」とかそういうのは
定かではありませんが、まぁ堅いコトは抜きにしましょう。

今回は、形式上は発足ということですが集まりの中身は
「規約の検討」と「札幌支部展」の打ち合わせ、ということでした。

そして「JRP日本リアリズム写真集団札幌支部写真展 2013」
の日程・会場が正式に固まりました。

2013年、3月12日(火)~17日(日)朝9時~夜7時
札幌資料館ギャラリー1・2です。

ここ、通常一年先まで予約がビッチリで、しかも下手したら抽選になるのですが
なぜか3月はいくつかの空きがありました。
移動の季節だから、一般的に予定が立ちずらいのかも知れませんね。
ここ一週間でバタバタと決まってしまった感がありますが、ラッキーでした。

まだまだいろいろ準備しなければならないことが山積みなのですが、
焦らず、かつ確実に一歩一歩支部展に向けて準備を進めていきたいです。
[PR]
by jrps | 2012-10-14 20:08