JRP札幌支部

写真をもう一度 6

a0293657_1233271.jpg


 当時の池田首相は「所得倍増計画」を発表し、マツダ自動車のR360クーペという軽自動車を30万円で発売するという広告が新聞に出ていた頃です。
同時に写真部にはアサヒペンタックスやニコンFという最新の一眼レフカメラを持っている部員が数人いました。
僕は中2の時に父に買ってもらったおもちゃのようなカメラしかありませんでした。

 写真部にはいかにもお坊ちゃんという感じがする、ぽってりとしたY君がいました。
彼はミノルタの一眼レフカメラを肩に下げて校内を誇らしげに持ち歩いていました。
僕は時々借りてファインダーを覗いていました。
その映像はそれまでのレンジファインダーとは別世界で、そのリアル感に感動しました。

 それ以来、僕は毎月の小遣いを一所懸命に貯金をしました。
学校の帰りには新宿東口にあった「新宿カメラ」に立ち寄りウインドウの中に鎮座している中古のアサヒペンタックスS2が売れないように切に願っていました。

 石原裕次郎の「銀座の恋の物語」が流行り、新宿西口のしょんべん横丁でラーメンが40円という時代でした。
[PR]
# by jrps | 2012-11-12 09:59

写真をもう一度 5

a0293657_180978.jpg



 僕は高校に入学して初めて暗室作業を学びました。
校庭の片隅に掘っ建て小屋があり、「写真部」と木片に墨で書かれた大げさな看板が揚げられていました。
部室の半分が暗室でした。
部員は三年生の先輩が一人っきりでした。
大変穏やかな紳士という印象が強かったと記憶をしています。
一年生の目から三年生は大人でした。
ましてや僕は中三で青森から東京に出されていましたからなおさらそう見えたのかもしれません。
二年生はいませんでした。

 その三年生は数人の僕ら一年生に暗室の使用方法を説明し「何かあったら呼んでっ」と言って、それ以来、顔を出すことはありませんでした。
後で分かったのは、彼は受験勉強が忙しかったのです。

 幸い、同じ一年生にM君という暗室に詳しいのが一人いて、彼が他の一年生の先生役をしてくれました。
暗室は一年生の天下でした。
大きな顔をした一年生は毎放課後部室に集まり「写真とは」とか「写真は芸術たりうるか」などという議論を繰り返していました。

 部室を出るのは空腹に耐えられなくなった時間でした。
[PR]
# by jrps | 2012-11-08 12:30

写真をもう一度 4

a0293657_92657100.jpg


 本のタイトルは大変気になりましたが、店頭で立ち読みをして終わりにしようと思い、ぱらぱらとページをめくりました。
しかし、そこには思いがけなく、写真への姿勢を明快に、時には辛辣に、しかし、僕には納得ができる論調で著者の写真への視点が語られていました。
著者は安友志乃という、40年以上も写真の本を読んでいない者にはなじみのない名前でした。
僕は心臓がどきどきしてきました。
一気に学生時代に写真の本を読んでいる時の気分に浸ってゆきました。
店頭で半分以上も読んでしまいました。

 本を家に持ち帰りました。
そして、好奇心から氏の名前をインターネットで検索をしてみました。
たくさんのサイトの中に、やはり本のタイトルと同じく「あなたの写真を拝見します」という会員制の写真講評会が東京渋谷で毎月行われていることが紹介されていました。
僕は早速にブックマークに登録をしました。
同時に他の著作である「撮る人へ」と「写真家へ」を注文しました。

 デジタルカメラの恩恵は大きなものでした。
フィルムの本数を気にすることなく、学生時代のように庭の片隅に水道と電気を引き込んで暗室を設けることもなく、楽々と、仕事で使っている事務用のプリンターでしたがA4サイズの「作品」をプリントして妻に喜んでもらっていました。

(大坂 忠)
[PR]
# by jrps | 2012-11-04 17:56

写真をもう一度 3

a0293657_922136.jpg


 僕は広い意味でポートレートが好きです。
特に新しいカメラやレンズを手に入れた時には試し撮りと称して無料のモデルの妻を撮りました。
僕は被写体にポーズの注文を付ける方ではありませんから妻の日常の様子が中心です。
また、家の近所でたくさんスナップ写真を撮ることに精を出しました。
基本的なことはフィルムカメラと変わりないように思いましたがときどき出現するカタカナ単語には悩まされました。
「ロウで撮って現像する」が「RAW FILE という形式があって、それをJpeg FILE に変換する」と理解するまでにしばらく時間がかかるという有り様でした。

 後々、デジタルの時代でなければ費用の面で写真の再開はできなかったろうと幾度も思いました。

 ある日カメラ店で偶然に見かけた本がありました。
「あなたの写真を拝見します」というのです。
a0293657_18271395.jpg

学生時代には自分の写真を講評してもらったことがありませんでした。
しかし、年齢とともに多少は図々しくなるものです。

(大坂 忠)
[PR]
# by jrps | 2012-11-01 09:23

写真をもう一度 2

a0293657_1824099.jpg


 僕は写真を撮るにしても、用事があっての場合でもひとりで旅行をすることはめったにありません。
多くは妻と一緒です。
しかし、その日は違っていました。
札幌は少しづつ暖かくなり、気持ちが前向きになるような2008年4月のある日に僕はひとりで東京へ向かいました。
 
 僕が二十歳までの学生時代に写真を撮っていたことを妻に話したことはありませんでした。
僕の気持ちの中ではまた写真をはじめる機会があるとは考えてもいませんでした。
写真は、少なくても学生時代に考えていたのは「発表できる写真」を撮るということでした。そ
れには自分なりの課題があり時間と労力と費用がかかることを意味していました。

 そんな中、また写真を撮りたいと思った理由は片方の腎臓を全摘するという大病をし、医師から10年後の生存率を告げられたことが大きかったと思います。
医師は淡々といくつもの数字を並べて十分な説明をしてくれました。
僕には全く予想がつかなかった話題でしたが、僕なりに質問をし、理解をしたつもりでその日は終わりました。
 
(大坂 忠)
[PR]
# by jrps | 2012-10-29 18:23